忍者ブログ
JETIX系アニメを中心に、風凪の趣味全開で爆走するブログさん。擬人化とか腐女子要素がバリバリですので、苦手な方はご遠慮下さい。
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月のプログラム配信されましたねぇ~。
新作は「パワーレンジャー ライトスピードレスキュー」。ロストギャラクシーと同じパワーレンジャーシリーズなのですね。
レスキューもののレンジャーっていったら、以前ゴーゴーファ●ブというのがあった気がします。
その頃の自分は、それなりにいい年の乙女(笑)だったのですが、何故か戦隊ものに夢中だった気が。
緑の人は黒人さんっていうのは、パワーレンジャーの定番なんでしょうか。
今回も、青の人は美形さんでしょうか?

トゥーンの、来月のBIG MOVIEショーが楽しみ!ピートとドラゴン大好きv前は録画しっぱいしたから、今度こそ。

続きに昨日のバレンタイン話の続き置いています。


個性的すぎる調理法でチョコ作りを進めるノヴァ。
彼女のあくなき挑戦はまだまだ続く。

バレンタイン狂騒曲・2

「『湯せん』で溶かす・・・湯せんって何?」
お料理一年生の彼女にとって、料理用語は未知なる単語。当然、湯せんが何かも分かるはずなく。
約3秒ほど熟考したあげく出した結論。「要は溶かせばいいのよね」
そして例の如く。

「フレイム・フィスト・フューリー!」

ボワッ(炎のあがる音)

ボウルに入ったチョコが溶ける。というか炎を上げて燃えている。
溶けるを通り越して、溶岩のように煮立っている。
傍から見るとまるで地獄絵図のようだった。

「これで、ちょっと待って冷ませばよし、と。そうだ、チョコに入れるブランデー探さなくっちゃ!」
燃え盛るボウルを放置し、ノヴァは次に調味料類が入っているだろう棚を漁り始めた。
だが。
「ブランデー、と・・・あら?ないわね。切らしてるのかしら?」
仕方なく、ノヴァはキッチンを離れ、とある場所に向かった。

一方、キッチンから少し離れた所のスパロボメインルーム。
「さっきからノヴァ、何してるのかなぁ?」オットーが意を決したようにメンバーに尋ねる。
キッチンにいる以上、何かを料理しているだろう事は予想がつく。ただ、必殺技をかましてまで作るような料理とはどんなものかなど、誰も恐ろしくて聞けなかったのだ。
「あ、もしかしたら、アレかなぁ」思い出したかのようにチロが口を開く。
「何か心当たりがあるのか?チロ」
「うん。今日って2月13日だよね。バレンタインのチョコじゃないかな?」
『バレンタイン』という単語にスパークスの耳(アンテナ?)が心なしか大きくなる。
「チョコ!?じゃあ、出来たらみんなで食べれるじゃん」チョコと聞いて単純に喜ぶオットー。食べられればどうでもいいのだろうか。
「なんでまた手作りなんか・・・」
「そこまでは分からないけど」
「っていうか、チョコ作りにあんな音がするものなのか?」
「さっきも何か燃えるような音とか何かが焦げるような匂いがしたけど・・・」
「・・・」
ごく近い将来に目の当たりにするであろうキッチンの惨状を想像し、言葉を失うアンタウリ、ギブソン、チロ。その時。
「あ、いたいたvアンタウリ。あなたの芋焼酎ちょっと貰ってもいいかしら?」ノヴァが、メインルームに顔を出し、そう給った。
「あ、ああ・・・構わないが・・・」
「ありがとvじゃあ、ちょっと使わせてもらうわね」
再びメインルーム内に漂う沈黙。
「ギブソン・・・チョコレートに芋焼酎なんて使うものなの・・・?」
「僕に聞かないでくれ・・・」
「誰に渡すかは分からないが、とりあえず明日は覚悟をしておいたほうがいいだろう」
アンタウリの言葉に、とりあえずうなずくしかなかった。

「あれ?スパークス、なんか静かだね。どしたの?」先ほどから口数の少ないスパークスにオットーが尋ねた。
「別に。なんでもねぇよ」
実は何でもなくなんてない。さっきから、スパークスの頭の中でただ一つのことがグルグル回っていた。
”ノヴァが手作りチョコレート!?誰だ!?誰にだ!?やっぱオレとか!?いや、でも最近オットーと仲良いっぽいし、奴にあげるのか!?誰なんだノヴァ!!”
『バレンタイン』と聞いてから、その事で頭がいっぱいだった彼は、そのチョコレートの工程がどうであるかなど、すっかり忘れ去っていた。もちろん、先ほどの芋焼酎の会話など耳にも入っていない。

そしてキッチンでは。
「あとは砂糖を加えて、チョコを丸めて、冷やして固めれば完成ね。なんだ。ジンメイの言うとおり、簡単だったじゃないv」
嬉々としてチョコ作りに勤しむノヴァ。先ほどアンタウリから拝借した芋焼酎は、すでにチョコと混ぜ合わされて、なんとも微妙な風味をかもし出している。
「えっと、砂糖40g・・・それだけでいいのかしら?多いほうが甘くなって美味しいんじゃない?」
そして粉砂糖を豪快にドバーっと入れはじめる。「分量をきっちり守るように」というジンメイのアドバイスを完全無視している。
そして。
「出来たーーーー!!」
一人の恋する乙女の喜びの叫びがスパロボに木霊した。
決戦は明日。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
まず、アンタウリは芋焼酎なんて飲まないよね。
でも、彼以外に飲みそうな人が思いつかなかったから・・・。
そして、ブランデーがないからといって代わりに芋焼酎なんぞを使うことに相当の無理があります
男連中のセリフ・・・誰がどれかなんて分からなくなりました(爆)。

もう一日続きます。今度こそ終わらせたいです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
バレンタインが・・・
こんにちは~!バレンタイン小説まってました。
モンキーチームでバレンタインをやったらきっと大変なことになりますよね!(とくにノヴァさん)アンタウリは芋焼酎飲みそうじゃないですよね。アンタウリは抹茶って気が・・・。
ノヴァさんは味見(毒味?)をしたのでしょうか?つづきが気になります!まってま~す!
きなこ 2007/02/14(Wed)17:07:23 編集
ぐはっ!!のゔぁたんカワユス!
うはー素晴らしい!!一生懸命の余り、周りが見え無くなっちゃってる
ノヴァさんがカワユ過ぎますですよ〜。必殺技ってぇぇぇ(>∀<)ノシ
おいらもノヴァさんが何かモノを作るとなるとそうなるんじゃ無いかなと思って
ブログのバレンタイントップ絵を描いてたので、この小説拝見した時
すごい嬉しかったですよ−。

スパークスも気になってやきもきしちゃって可愛いですねぇ。
彼の愛は報われるのでしょうか。
でも、ちゃんと告白しなきゃダメだよ〜、スパークス。

ラストまでとっても楽しみにしてますので、お手間の時にガンバって下さいね。

それと『アンタウリの芋焼酎』、持ってるとしたらよっぽど旨そう!
いいですねぇ、是非副司令とちびりちびりやらせて頂きたい。
そして是非叱られたい(*´ω`*)

あ、それとお願いしたいのですが、
私の所からこちらへリンク張らせて頂いてもよろしいでしょうか?
どうぞよろしくおねがいします!
ゆーちゃん URL 2007/02/15(Thu)00:23:14 編集
無題
うおわぁぁぁ(笑

アンタウリが芋焼酎~~~っ!(大笑
シヴイ!シヴすぎる!!☆
スパロボの肩に乗って星空を眺めながらチビリチビリと呑むところを想像してしまいました☆

ノヴァさんのヴァレンタイン…いったいどうなるんだろう(ドキドキ
そして運命のチョコは誰の手に!?(笑
果たして食べられるモノになっているのでしょうか?!

また続きを楽しみにしていまーす☆♪

ちろる URL 2007/02/15(Thu)04:29:09 編集
感想ありがとうございます♪
わわっ///感想がこんなにも・・・!嬉しいですありがとうございます!

>きなこさん
小説待っていてくださったようで・・・!嬉しいです!ありがとうございます!!
確かに・・副指令は抹茶似合いそうですね。いずれにしても、洋酒は飲まなさそうな感じだったので、和風な感じで芋焼酎にしてみました^^;
ノヴァさんは、恐らく味見はしないです。皆に食べてもらって、その反応を見るのが楽しみで、自分では敢えて食べないんですよ!そんなノヴァさんに悪気は皆無なんですよね^^;(笑)
続きも、早いうちにアップしますね!

>ゆーちゃんさん
やる気とか一生懸命さが、より一層被害を大きくしてるのですが(笑)私も、「ノヴァさんは料理苦手そう」と妄想しながらこの小説の構想を考えてる時にゆーちゃんさんの素敵ブログトップを拝見しましたので、運命感じました///これは書かなきゃって思いましたよ~。

スパークスは、きっとこの日の夜は、気になって眠れなさそうですね。結構仲がいいオットーにジェラっていれば良いです。
副指令は、秘蔵の芋焼酎とか持ってそうですね!「本場で醸造されたプレミアものだ」とか・・・!私も是非ご一緒したいものです。

リンクの件、もちろん大丈夫です!喜んで!!むしろこちらからも相互お願いしたいです・・・!こちらからお願いに伺おうかと思っていたのですが、例によってチキンハートですので><
よろしくお願いします!

>ちろるさん
アンタウリ=洋酒は飲まないだろう=芋焼酎という安直な妄想でセレクトしてみました(笑)きっと、お酒の趣味もシブいんだろうなぁ~、とか^^
あ、アンタウリ副指令が星空の下で一人酒・・・!!ヤバイです!リアルに想像出来すぎて、むしろ似合いすぎて萌えますよどうしよう!哀愁漂ってそうですね。

ノヴァさんの手料理の出来栄え・・・怖いもの見たさで、一度見てみたいです。そんな彼女の力作(?)を食べられるラッキーな被害者は誰になるんでしょうか(笑)



拙い小説ですが、最後までお楽しみいただけると嬉しいですvありがとうございました!
風凪 2007/02/15(Thu)14:36:39 編集
アバウト・ここのブログ
ここは、風凪花衣が運営する、50%の妄想、40%の萌え、10%の自己満で出来ている、およそ頭のよろしくない趣味爆発ブログです。
JETIX系アニメ、特にスーパー・ロボット・モンキー・チーム・ハイパー・フォース・GO!を中心に、好き勝手やってます。
ヲタクな話題に免疫のない方・荒らしや誹謗中傷目的の方は、相互利益の為、早々にブラウザバックという素敵手段を用いられるのが良いと思います。
メインはモンキーチームのはずですが、絵板では他版権も扱うつもりです。要するに無節操なんです。
趣味の合う方のコメント・メッセは、年中無休24時間いつでも大歓迎です☆
絵板・絵茶は、マナーを守ってご自由にお使いくださいませ。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[12/11 age]
[12/11 素人です]
[12/11 age]
[12/10 素人です]
[12/10 名無し]
[12/10 名無し]
[02/20 風凪]
[02/18 戸帆]
[07/28 風凪]
[07/27 ゆーちゃん]
プロフィール
HN:
風凪花衣
性別:
女性
趣味:
読書、妄想
自己紹介:
風凪花衣(カザナギ・カイ)と申します。
アニメやら漫画やら読書やらゲームが大好き。
JETIXにて放送中のスーパーロボットモンキーチームハイパーフォースGO!が好きです。皆可愛いけど、特に緑と青の子がお気に入り。
ブログ内検索
メールフォーム
アクセス解析
web拍手
忍者ブログ [PR]