忍者ブログ
JETIX系アニメを中心に、風凪の趣味全開で爆走するブログさん。擬人化とか腐女子要素がバリバリですので、苦手な方はご遠慮下さい。
[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バレンタイン企画として、予想以上にご意見の多かった小説にtry。
久々に文打った気がします。

まずはじめに断ります。
ほぼギャグ風味です。
それ故、一部キャラが壊れてます。
あと、スパノヴァが一部入る予定です。

それでも許してくださるという、寛容な御心の持ち主様。ようこそお越しくださいました。


スーパーロボット内のキッチンで。
モンキーチームの紅一点・ノヴァは一人、一枚のメモを前に苦悩していた。

バレンタイン狂騒曲

話をさかのぼる事2時間ほど前。2月13日の午後。この日、ノヴァはジンメイと女の子同士でシティのショッピングセンターへ買い物に出かけていた。一通り目的のもの(ノヴァの場合はサンドバック)を見た後、カフェでお茶をしている時、ふいにジンメイが尋ねた。
「ねえ。ノヴァは今年のバレンタイン、どうするの?」
「バレンタイン?ああ、もうそんな時期なのね。う~ん、どうしようかしら?」
「私はね、チロに手作りのチョコをあげるつもり。手作りのものって、気持ちがこもってるって感じで素敵じゃない?」
そう言いながら、少し照れたように微笑むジンメイ。「料理が出来る女の子っていいな」とノヴァは思う。好きな人に、自分の思いを込められるから。自分も、そんなことが出来れば。
そんなことを思っていると、考えが伝わったのか、ジンメイが何か思いついたように手を打った。
「そうだ。ノヴァも手作りにしてみたら?結構簡単に作れるものも多いのよ」
「え?本当に!?」
「ええ。レシピ書いてあげるわね」
ジンメイがさっそくバッグからメモ用紙を取り出し、何かのレシピを書き連ねていく。
「さあ、書けたわ。お菓子作りは分量を守ることが必要よ。頑張ってね!」
「ありがとう!さっそく作ってみるわね」
こうして、レシピを受け取り、嬉々としてスーパーロボットへと戻っていった。

そして、今に至る。
男性陣には当日まで秘密にしておくため、キッチンの扉には『男性立入禁止』の張り紙。見事なまでの気合の入れようである。
のだが。
「どうしよう・・・レシピ見てもさっぱりわかんないわ・・・」
『作るのは苦手だけどぶっ壊すのは得意』と公言するノヴァ。そんなだけあって、実のところは料理なんてしたことがないに等しかった。
「このレシピの通りにすればいいの、よね?」
もう一度レシピに目を通してみる。そして、意を決したように作業にとりかかった。
「えっと。じゃあ一番最初、『チョコを細かく刻む』。細かくすればいいのね。よーし・・・!」
そう言って彼女がとった行動。それは。

「レディーー・トマホーーーーク!!」

刹那、爆音がキッチン、いや、スーパーロボット中に響き渡った。
「「「「「何だ何だ何だ!!?」」」」」
突然の轟音に、野郎連中がキッチンへ猛ダッシュ。
「ノヴァ!何があt」「入ってこないで!!」
心配する間もなく、ノヴァに入室拒否される野郎連中。
「大丈夫よ。何ともないから」
「いや、でも・・・」
「いいから心配しないで。ちょっと向こうに行っててくれないかしら?」
この場合、野郎連中が心配しているのではノヴァの身ではない。キッチンの破壊具合である。
多少の不安を残しつつ、ここまで言われては引き下がるしかない。無理にでも中を覗こうとしたならば、後が怖い。そう思い、男連中はとりあえずその場を後にした。キッチンが被ったであろう甚大な被害を憂いつつ
野郎をとりあえず追い払ったノヴァ。
キッチンには、一撃必殺を受けて、完膚なきまでに粉々となったチョコの成れの果て、そして、キッチンテーブルの木片が散らばっていた。
「よし。ここまでは順調ねv」
これのどこをどうみれば順調なのか。そんなツッコミもなかったかのように、ノヴァは次の作業を進めていくのだった。彼の心を掴むチョコ作りはまだ始まったばかり。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
えっと。とりあえず。

ノヴァさんファンの方スミマセン!(スライディングDOGEZA!)
第4話のスクラッパートン氏のお話で、ノヴァさんが「作るのは苦手だけど」云々とおっしゃっていたので、もしかしたら料理も苦手なんじゃないかしら、と妄想。
というか、キャラの崩壊が著しくってやばいです。

余談ですが、風凪も料理できない人です。「落し蓋」と言われて、普通に鍋の蓋を鍋の中に落とそうとした種類の人です。慌てて母に止められました。

ちなみに、続くんです。最終的にはスパノヴァのつもりなんです。チロとジンメイは、この時点でもうラブラブです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あははは(笑
いいですね!この出だし!!
凄くノヴァらしいと思いますよ☆

続き楽しみにしてますー♪
ちろる URL 2007/02/14(Wed)01:37:07 編集
ノヴァらしいというか^^;
なんか、ノヴァさんらしいというか、キャラの人格ぶち壊しというか(滝汗;)
この先のスーパーロボットの惨状が、書いてる私も気になります。

出来れば本日中に続きアップしておきますね☆
引き続きよろしくお願いします♪
風凪 2007/02/14(Wed)10:28:28 編集
アバウト・ここのブログ
ここは、風凪花衣が運営する、50%の妄想、40%の萌え、10%の自己満で出来ている、およそ頭のよろしくない趣味爆発ブログです。
JETIX系アニメ、特にスーパー・ロボット・モンキー・チーム・ハイパー・フォース・GO!を中心に、好き勝手やってます。
ヲタクな話題に免疫のない方・荒らしや誹謗中傷目的の方は、相互利益の為、早々にブラウザバックという素敵手段を用いられるのが良いと思います。
メインはモンキーチームのはずですが、絵板では他版権も扱うつもりです。要するに無節操なんです。
趣味の合う方のコメント・メッセは、年中無休24時間いつでも大歓迎です☆
絵板・絵茶は、マナーを守ってご自由にお使いくださいませ。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/11 age]
[12/11 素人です]
[12/11 age]
[12/10 素人です]
[12/10 名無し]
[12/10 名無し]
[02/20 風凪]
[02/18 戸帆]
[07/28 風凪]
[07/27 ゆーちゃん]
プロフィール
HN:
風凪花衣
性別:
女性
趣味:
読書、妄想
自己紹介:
風凪花衣(カザナギ・カイ)と申します。
アニメやら漫画やら読書やらゲームが大好き。
JETIXにて放送中のスーパーロボットモンキーチームハイパーフォースGO!が好きです。皆可愛いけど、特に緑と青の子がお気に入り。
ブログ内検索
メールフォーム
アクセス解析
web拍手
忍者ブログ [PR]